HOME » 家コラム » 告知事項あり?

e-住み替えでお得に住まい探し

仲介手数料半額のe-住み替え

失敗しない物件選びのヒント

告知事項あり?

たまに、販売図面を見ていると「告知事項有り」と小さく書いて
ある物件があります。耳慣れないことばですが、これが結構やっ
かいなのです。

簡単にいえば、事前に買主に伝えるべき重要なことがある物件だ
ということ。具体的には、その部屋で自殺があったり、殺人事件
があったりというような特殊な事情のある物件だということです。

通常は、そのような物件の場合は販売図面を配布する段階で告知
することが多いのですが、不動産業者によっては販売図面にすら
明記していない業者もあります。実際、いざ契約という段間にな
ってはじめて売主側の不動産業者から「実は、・・・」というこ
とも過去にはありました。

もっとも現実には、それらの事項を隠して契約することはできま
せん。なぜなら重要事項説明書のなかで買主に伝える義務がある
からです。その点は安心して契約できます。

しかし、問題は「告知事項」の範囲です。当然、その部屋で自殺
や殺人などということがあれば伝えなければなりませんが、共用
部分で起きたことについてはグレーの部分があるようです。

例えば、マンションの屋上や踊り場から飛び降り自殺があった場
合や、マンションの廊下や敷地内の公園で事件があった場合です。
本来の趣旨からいえばそのような場合でも売主には告知する義務
があるのですが厳格に適用できるかどうかはわかりません。

そもそも告知事項が何なのかが実は曖昧であり、事件発生後いつ
まで告知しなければならないのか明確に決まっているわけではな
いからです。

ただ不動産仲介会社としては、買主とのトラブルは避けたいため
マンションの管理会社から重要事項調査報告書という書面(有料)
を取得するようにしています。そして、そのなかで特別な告知事
項がなければ問題ないという判断をするのです。

まぁ現実的には、告知事項有りの物件はごくごく稀にしかありま
せんし、不動産会社が仲介に入っている場合は知らずに購入して
しまうことは考えられませんのでご安心ください。

ただ、不動産会社を通さないで取引する場合は注意が必要です。
お金を払う前に管理人や近所の住人にヒアリングしたほうがいい
でしょう。